公募・プレスリリース・ニュース Public Offering/Press Release/News

ニュース

「脳情報の可視化と制御による活力あふれる生活の実現」2015年度シンポジウム(PM:山川 義徳)
「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」第2回シンポジウム(PM:佐野雄二)

ご挨拶

 ImPACTプログラム「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」では、大型の高出力パルスレーザーを手のひらサイズまで超小型化する技術や、究極の光といわれ世界にまだ2つしかないX線自由電子レーザーを超小型化する技術を確立し、いつでも・どこでも・だれでも使えるようにすることで、新技術・新産業を創出することを目的とした開発を進めております。
 プログラムがスタートして約1.5年が過ぎ、レーザー電子加速における加速長の短縮化技術やマイクロチップレーザーの高出力化などに大きな成果が得られております。本シンポジウムでは現在のプログラムの状況・成果をご報告し、皆様から多くのご意見を頂いてプログラムへフィードバックすることで、より良いプログラムにしていきたいと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

ImPACT プログラム・マネージャー 佐野雄二

日時 平成28年6月13日(月)13:00-17:30(開場:12:30)
(意見交換会:17:40-19:00)
場所 JST 東京本部別館1Fホール
参加費 第一部 無料(ただし、意見交換会は別途参加費をいただきます。)
定員 約130名(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)
定員数になりましたので、応募を終了します。
参加を希望される方は、問い合わせ先のメールアドレスに題目を「第2回シンポジウムの件」とし、
ご所属、お名前、メールアドレス、意見交換会への参加・不参加を本文に記載の上ご連絡ください。
なお、人数の都合により、ご参加をお断りさせて頂く場合もございますのでご了承ください。

プログラム

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室 佐野 PM担当
TEL:03-6272-3658
E-mail : impact-sn(at)jst.go.jp
※(at)を"@"に置き換えてください。